地蔵盆の対象は「辻地蔵」――つまり路傍のお地蔵さんです



スポンサーリンク


お盆が過ぎて、夏休みも終わりかける頃に、主には近畿地方で「地蔵盆」と言われる行事が催されます。

これは、お地蔵さんと呼んで親しまれる地蔵菩薩のための縁日です。開催される日取りは各地で異なりますが、大体は、8月24日を中心にした3日間のようです。

 

<地蔵盆の対象は「辻地蔵」>

地蔵菩薩といっても、その姿は様々です。お寺や神社に祀られている有名なお地蔵さんもあれば、秘仏もあり、あるいは路傍に佇む名もなきお地蔵さんも全国各地に存在します。

 

地蔵盆の対象とされるのは、その中でも、「辻地蔵」と呼ばれるお地蔵さんたちです。すなわち、道祖神信仰を結びついたお地蔵さんで、路傍や街角(これを「辻」と言います)にちょこんと佇むお地蔵さんを祀る行事で、お寺や神社ではまた別の催しがあったりします。

 

<なぜ地蔵盆が行われるようになったのか>

なぜ地蔵盆が始まったか、という由来には諸説あります。定説は決められていません。しかし、有力なのは、「子どもの幸福を願う」というものです。

もともと地蔵菩薩とは、賽の河原で鬼の責め苦に遭い続ける、親より先に亡くなった子どもを救済する存在だと言われています。つまり、お地蔵さんたちは、地獄に落ちた子の親の身代わりというわけです。

 

昔から水子が多かった日本では、悲嘆に暮れる両親がお地蔵さんを作り、せめてその魂の成仏を祈りました。

その結果、全国には辻地蔵が現代までたくさん残るという結果になったようです(ちなみに、同じ仏教圏でも日本以外にはそのような辻地蔵はほとんどありません)。

それらすべてのお地蔵さんの縁日が、子どもの幸福を祈る「地蔵盆」というわけです。言ってみれば地蔵盆は子どものための行事。ご両親はぜひ参加させてあげましょう。

 

お盆が終わると、夏もいよいよ盛りを過ぎて、涼しい風が次なる季節の予感を告げます。秋になる前の、最後の夏のイベント、地蔵盆は、夏休みの終わりを惜しむ子どもにとっても心躍る行事でしょう。


仏教はインドからの伝来 じゃあお地蔵さんは海外にもある?


お地蔵さんは仏教の一尊で、その教え自体、インドから伝来したと言われています。

 

――ここで、1つ疑問が生じます。すなわち、「海外にもお地蔵さんはあるのか」と。

 

<路傍のお地蔵さんは日本特有の文化>

結論から言えば、私たちの思うお地蔵さんのような文化は、日本特有のものです。つまり海外にはありません。もっとも、地蔵信仰自体は広く知られたもので、神聖な場所にお地蔵さんが祀られていることはあります。

しかし、「路傍に佇むお地蔵さん」という風景が見られるのは日本だけ。インドや中国にも、そのような道端の石仏はほとんどありません。

 

では、それは、なぜなのでしょうか? なにゆえ、路傍のお地蔵さんは日本特有なのか。

 

これは、地蔵信仰が民間に広く普及していく中で、道祖神とも習合し、より庶民にとって身近な存在となったからだと言われています。

もともと仏教の教えの中でも、お地蔵さんは賽の河原で鬼に苦しみを与え続けられる子どもを救う存在とされています。

そして、日本では昔から、どんな村や集落でも「逆死(子どもが結婚しないまま、親より先に死ぬこと)」がよくありました。中でも、悲しいことに、もっとも多かったのが、「水子」です。

 

そこで、子どもを失くした親は、悲嘆に暮れる中、せめて我が子の成仏を祈ってお地蔵さんを路傍に作り、手を合わせたのです。

いわば民間信仰化し、そのように路傍のお地蔵さんが各地に生まれました。インドや中国では、そのへんの事情が少し違ったのでしょう。

 

今度、路傍でお地蔵さんに出会うことがあったら、その姿をちょっと観察してみてください。だいたいは道端のお地蔵さんは石造りで、優しい童顔をしています。

石造りなのは、賽の河原の石のイメージ。そして童顔なのは、子どもを救済する菩薩のイメージだとか。

 

まとめて言うと、地蔵信仰自体は海外にもありますが、道端に忽然とお地蔵さんがあるのは日本だけ、ということになります。同じ仏教圏でも、いろいろと違うようですね――。


有名な昔話「笠地蔵」の教訓をもう一度おさらいしよう


みなさんが(おそらくは)忘れかけている昔話の一つに、「笠地蔵」の物語があるかと思われます。

「題名だけは聞いたことがあるけれど」という人も多いかもしれませんね。地蔵信仰を考える意味でも、この昔話をもう一度おさらいして、教訓も考えてみましょう。

 

<「笠地蔵」の物語と教訓>

――昔々、あるところに、おじいさんとおばあさんがいました。決して生活は豊かではありませんでしたが、二人は仲良く暮らしていました。

年の瀬が近付いて、おじいさんはお正月を迎えるための準備に、つまりお餅なんかを買おうとして、自分で作った蓑や笠を町まで売りに行きました。

 

しかし、結局それらはほとんど売れず、おじいさんは雪の降る道をとぼとぼと失意に暮れて帰途につきました。

「餅もろくに買えんかった。ばあさんに申し訳ないなぁ」とも思いながら…。すると、おじいさんはその途中で、雪の中に立つ7体のお地蔵さんと出会います。

 

立ち止まったおじいさんは「今年も無事に暮らすことができました。ありがとうございます」とお地蔵さんに祈りを捧げ、このお地蔵さんたちも雪の中で寒かろうと思い、笠と蓑をかけてあげました。

でも、6体までかけたところで、売れ残った笠と蓑が尽きてしまいます。

そこでおじいさんは、自分の身につけた笠と蓑を、最後のお地蔵さんにかけて上げました。「これでお地蔵さんも温かくして正月を迎えられるだろう」と、そう思いながら。

 

そして家に帰り、おばあさんに今日のことを説明すると、「それはいいことをした」とおばあさんもおじいさんを責めるでもありません。…と、その晩、外から何やら物音がするので、二人は起き出して表の戸をそっと開け、外を覗いてみると、家の前に金や銀や俵などがたくさん積まれています。

そして、遠くには、傘を被ったお地蔵さんたちが歩いていく背中が見えました。それは、お地蔵さんたちが恵んでくれたものに違いありません――。

 

――いかがでしょう。みなさん、思い出されましたか? すなわち、「善行善果」の教訓です。情けは人のためならず、というところでもあるでしょうか。

貧しい暮らしの中でもお地蔵さんに対し、「ありがとうございます」と感謝の意を示す部分も、見習いたいですね。


素朴な疑問…お地蔵さんって誰が作るの?


お寺や神社で見かけるお地蔵さんは、誰が作ったかというのは、まあ、だいたいの予想はつきますよね。

でも、路傍の、本当にひっそりとした場所にあるお地蔵さんなら、どうでしょうか。そのような名もなき石仏は誰の手によって作られ、また管理されているのか。

 

<設置人不明が多いお地蔵さん>

田舎の道端に古くからあるお地蔵さんは、もはや設置人不明ということも少なくありません。

かの昔にはあるいは知っていた人がいるのかもしれませんが、そのような事情を知った人は時代の流れと共にだんだんと少なくなり、ついにはいなくなって、お地蔵さんだけが残ります。――実にそういった形で、道端にただ立つお地蔵さんはたくさんあります。

 

新設されるお地蔵さんは、個人規模で作られることが多いようです。たとえば、その場所で事故に遭って亡くなった子どものために、その両親がお地蔵さんを作ることもあります。

 

ちなみに、きちんと特定の団体や地域に管理されているお地蔵さんは、だいたいはきれいに清掃され、お供え物や花で飾られています。

「このお地蔵さん、いったいどういう謂れで立てられたのだろう」と思ったら、地域のお年寄りや住職に聞いてみるといいでしょう。

 

<注文、自作もできるお地蔵さん>

もしあなたが何か事情があってお地蔵さんを作りたいと思ったときには、個人規模で設置することも可能です。

その技術と時間さえあれば自作することも可能ですが、石材店に注文するのが一般的です。石材店ではお地蔵さんのカタログを出しているお店もあります。

 
もっとも、ただ設置するだけでは不十分かもしれません。そこに新しく作ったお地蔵さんには、まず地域の住職に、その作成理由を話して、祈りを捧げてもらう必要があります。

 

もちろんその後も清掃を欠かさず、お供え物や花もきちんとして、管理は怠らず。そのような日常的な心がけの中で、悲しみは癒え、心は鎮まっていきます。

一人では乗り越えられない悲しみに出会ったときには、お地蔵さんを作り、祈りを捧げるのも良いでしょう。


お地蔵さんと「閻魔大王」は仏教的に同じ位!?


私たちが死後、天国か地獄へ行くかを決めるのは、六道の裁判長、閻魔大王だと言われています。

その閻魔大王とお地蔵さんが同じ存在である、という説を、知っていましたか?

 

<お地蔵さんは弁護士!? でも閻魔大王も…>

天国に行けるのは、現世での行いが正しく、清らかな心を持った者です。そして、地獄に落とされるのは、その反対の者。

我々が死後に出会う裁判長、閻魔大王は、その手元の閻魔帳に記されたかの者のあらゆる行いを見て、その判決を下す――と言われていますね。

 

みなさんは果たして、本当に何事にも清廉潔白な人生を送ってきたでしょうか? おそらく「まさか…」と言われる方がほとんどかと思います。

しかし地獄に落ちてしまえば、もう、どうしようもありません。そこで我々を弁護してくれるのが、お地蔵さんなのです。

 

生前、路傍や神社のお地蔵さんに欠かさずお参りし、善行を重ねた者は、やはり弁護士たるお地蔵さんも、きちんと閻魔大王に対して「かの者は生前…」と縷々、弁護してくれるというわけです。

 

そして、実は閻魔大王もまた、お地蔵さんの化身だと言われています。つまり、裁きを与える者と弁護する者、それぞれが同一の存在なのです。

そのため、日々徳を積んできた人間は地獄を免れるどころか、娑婆へ蘇ることができるかもしれない――という言い伝え(あるいは、かくあって欲しいという人々の「願い」)により、地蔵信仰は民間に広く支持されるようになったのでしょう。

 

実際、生前にお地蔵さんに熱心にお参りしたおかげで冥界から生き返ったという話も「今昔物語集」などには少なくありません。

 

何か物事にあたるとき、これは善いことだろうか、悪いことだろうかと、いちいち考える人はあるいはそう多くないかもしれませんが、ひとまずは何をした後でもお地蔵さんにお参りしておけば、閻魔帳には良い記録がついて、帳尻は合ってくるかもしれません。

もちろん、信じるか信じないかは、あなた次第というわけですが。


路傍だけじゃない! お寺にもお地蔵さんはいます


お地蔵さんは、路傍で見かけることが多い石仏です。もとは仏教から派生した信仰なのですが、道祖神と習合し、ほとんど民間信仰と化したのが、今、我々が道端で彼らの姿を見かける機会も多い、その理由と言えるでしょう。

 

一方で、お地蔵さんをきちんと祀るお寺や神社があるのも事実です。それもそのはず、お地蔵さんは仏教的にも重要な存在で、「地蔵菩薩」とも言われる、位の高い菩薩なのです。

 

<お寺や神社に祀られる地蔵菩薩様>

路傍で見かけるお地蔵さんは、まさしく、「お地蔵さん」という感じがしますね。優しい顔をしていて、私たち庶民を分け隔てなく受け入れ、気持ちを和ませてくれる雰囲気を持っています。

けれど同じ石仏をお寺や神社で見ると、ちょっと違った印象を受けてしまいませんか? 恭しく祀られたお地蔵様は、何やら、実に尊いような存在に思われてきます。

 

もっとも、仏教の原義から言えば、そのような神妙になるのも当然というべきか、お地蔵さんはお釈迦様の入滅した後、弥勒菩薩様が現れるまでの「神なき時代」を任された、大きな存在なのです。

そのような、いわゆる「地蔵信仰」は、平安の昔には、あまねく庶民に普及していました。すべての苦しむ人に救いを与え、極楽浄土へ導く存在として――。

 

お地蔵さんはとりわけ水子や、不幸な死を遂げた人を救うという説も、そこから派生したものです。

各地の路傍に点々と設置されるようになったのも、あるいはお地蔵さんという石仏の規模が庶民的であったからかもしれません。

これが大仏くらいの大きさを必要とするものであったなら、また少し話は違ったはずで、道祖神とも習合しなかったでしょう。

 

神聖なお寺、神社に祀られているお地蔵さんと、路傍のお地蔵さん。別にどちらか貴重とか、そのような話でもありません。大事なのは、そのお地蔵さんに向かうときの気持ちです。

各地で「このお地蔵さんにはこんなご利益がありますよ」と言っていますが、それも信じる気持ち次第でしょう。無心で手を合わせる静かな瞬間こそが何より重要なのです。


お地蔵さんの「赤いよだれかけ」の意味って?


みなさんがイメージするお地蔵さんは、赤い前掛けをしている石仏かもしれません。

実際に見たことはなくても、有名な昔話の「笠地蔵」の印象で、思い浮かべるお地蔵さんと言えば赤い前掛けをした姿のはずです。ところで、この前掛けの意味をご存知でしょうか?

 

<2つの説がある「赤い前掛け」>

お地蔵さんは正式名称を「地蔵菩薩」と言い、数ある菩薩の一つに数えられています。

お釈迦様の亡き後、弥勒菩薩が誕生するまでのピンチヒッターとしてこの世を救うのが、お地蔵さんと考えられているようです。また水子供養を祈る存在としても知られています。

 

そのお地蔵さんが、なぜ赤い前掛けをしているか――これには2つの由来があるとされます。

まず1つは、赤い前掛けが、人間の煩悩を表しているというものです。昔の人は自らの煩悩を赤という刺激色の前掛けに喩え、それをお地蔵さんに託すことで、雑念から解き放たれようとしたわけです。

この前掛けの色が雨風で褪色していくと、それは煩悩もだんだんと薄まっていった結果なのだと、昔の人は考えたと言います。

 

2つ目の意味は、やはり、水子や赤ん坊の供養を祈願する意味です。

「赤」とは、赤ちゃんや赤ん坊のことを指し、あるいは生命の起源たる太陽を表すとも言われます。冥界への道の途中、子どもが迷ってしまわないために、その目印としてのお地蔵さんは赤い前掛けをしているという説もあるようです。

 

寒くなると赤い帽子や頭巾を被せたりするのも、上に挙げた2つの理由から来ているようです。

俗世のしがらみからの解放を願う「赤」、子どもの成仏を願う「赤」。何もお地蔵さんのお洒落というわけではもちろんなく、そこには庶民の切実な思いが込められています。

 

もし今度、路傍でお地蔵さんを見つけることがあれば、赤い前掛けをかけてあげるのもいいでしょう。

そこにあなたがどのような思いを込めるかは、気持ち次第です。ちなみに赤い前掛けはなかなか普通のお店では見当たりませんが、アマゾンなどで売られています。