注目! お地蔵さんの足元にある言葉の意味するもの



スポンサーリンク


優しい顔をしているお地蔵さん。路傍で見かけることがあったら、ぜひ、手を合わせてくださいね。

何はなくとも、仕事やその他アレコレに忙殺される現代人にとっては、そのようなちょっとした祈りの「無」の瞬間が必要です。手を合わせることくらい、手間でもなんでもありません。

 

そしてちょっと、そのときにはお地蔵さんの足元にも目をやってみてください。何か「言葉」が書かれているお地蔵さんもあります。

それはご利益を表していたり、そのお地蔵さんが作られた謂れを表していたりもします。

 

<お地蔵さんの足元の言葉の意味とは>

ふと目を留めると、お地蔵さんの足元には、次のような言葉が書かれていたりします。

「安産」
「家内安全」
「無病息災」

――などなど。これらは、そのお地蔵さんのご利益を表すものです。いえ、もっと正確に言えば、「そんな風になったらいいな」ということで、昔の人が思いを込めて、その言葉と共にお地蔵さんを作ったということなのでしょう。

そのようなありがたい言葉が書かれているお地蔵さんなら、普段は信心がないという人でも、まあちょっと都合はいいようですが、「ぜひ自分にもそんなご利益を…」という気分で手を合わせてみたくなります。

それ自体、邪心でもありますが、何はともあれ合掌するというのは悪いことではないでしょう。一瞬、心が澄んでいくような感覚すらあります…。

 

あるいは、「**霊」とも書かれていることがあるかもしれません。これは、お地蔵さんにそこで亡くなった人の成仏を祈る意味で、そういう言葉が彫られているのです。

古くからお地蔵さんは、水子霊の魂を鎮めるものとして祀られてもいました。すなわち、そのような言葉が彫られたお地蔵さんというのは、賽の河原の子どもたちを見守っているのかもしれません。

そう思うと、多少は神妙な気持ちになって、静かな祈りを捧げてしまいます。

 

足元の言葉に注目すると、お地蔵さんに向かうときの気持ちというのが、いくらか変わってきます。そのような複雑な心の持ち方こそ、人の深みに通じるのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です