地蔵盆の対象は「辻地蔵」――つまり路傍のお地蔵さんです



スポンサーリンク


お盆が過ぎて、夏休みも終わりかける頃に、主には近畿地方で「地蔵盆」と言われる行事が催されます。

これは、お地蔵さんと呼んで親しまれる地蔵菩薩のための縁日です。開催される日取りは各地で異なりますが、大体は、8月24日を中心にした3日間のようです。

 

<地蔵盆の対象は「辻地蔵」>

地蔵菩薩といっても、その姿は様々です。お寺や神社に祀られている有名なお地蔵さんもあれば、秘仏もあり、あるいは路傍に佇む名もなきお地蔵さんも全国各地に存在します。

 

地蔵盆の対象とされるのは、その中でも、「辻地蔵」と呼ばれるお地蔵さんたちです。すなわち、道祖神信仰を結びついたお地蔵さんで、路傍や街角(これを「辻」と言います)にちょこんと佇むお地蔵さんを祀る行事で、お寺や神社ではまた別の催しがあったりします。

 

<なぜ地蔵盆が行われるようになったのか>

なぜ地蔵盆が始まったか、という由来には諸説あります。定説は決められていません。しかし、有力なのは、「子どもの幸福を願う」というものです。

もともと地蔵菩薩とは、賽の河原で鬼の責め苦に遭い続ける、親より先に亡くなった子どもを救済する存在だと言われています。つまり、お地蔵さんたちは、地獄に落ちた子の親の身代わりというわけです。

 

昔から水子が多かった日本では、悲嘆に暮れる両親がお地蔵さんを作り、せめてその魂の成仏を祈りました。

その結果、全国には辻地蔵が現代までたくさん残るという結果になったようです(ちなみに、同じ仏教圏でも日本以外にはそのような辻地蔵はほとんどありません)。

それらすべてのお地蔵さんの縁日が、子どもの幸福を祈る「地蔵盆」というわけです。言ってみれば地蔵盆は子どものための行事。ご両親はぜひ参加させてあげましょう。

 

お盆が終わると、夏もいよいよ盛りを過ぎて、涼しい風が次なる季節の予感を告げます。秋になる前の、最後の夏のイベント、地蔵盆は、夏休みの終わりを惜しむ子どもにとっても心躍る行事でしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です